平成竜馬の会

清水三雄の大胆発言

パラリンピックとオリンピックの統一

パラリンピックの語源はparallel Olympic(パラレル・オリンピック)の造語です。

直訳するともう一つのオリンピックです。

そして現にオリンピックとは別組織であり、そしてオリンピックの後で開催されています。
熱狂的な国を挙げてのオリンピックの後で行われるパラリンピックは素晴らしい競技にも拘わらずオリンピックほどの盛り上がりはありません。

テレビ中継や他のマスコミも同じくオリンピックほどの取り上げ方ではありません。
なにか、オリンピックの終わった後のとってつけたような、後の祭り的な印象があります。
障害のある方が努力して披露される極限と思われる競技は健常者の競技にはない感動を見ているものに与えると同時に勇気をも与えてくれます。
そのような国際的な競技会を「もう一つのオリンピック」と呼ぶのはあまりにも失礼ではないでしょうか。

オリンピック選手と同じようにいやそれ以上に厳しい努力で為しえられた技を競う場が「もう一つのオリンピック」では違和感を禁じ得ません。

パラリンピックの発足当時はそれでも違和感がなかったかも知れませんが、今、彼らの技術と記録を見ると立派なオリンピック選手として呼びたい気持ちがします。
東京オリンピックまでまだまだ時間があります。

パラリンピックをオリンピックの後にするのでなくオリンピックとパラリンピックを合体して一つのオリンピックとして男女別の種目がありように、障害者の部を1部、健常者の部を2部にわけて開催することを提案する次第です。

もし、そのような変更をするには時間がないというなら、せめて開催時期をオリンピックの先にする事を提案します。