平成竜馬の会

政治団体から政党への行動指針

始めに・・・

先般の衆議員選挙を終え、どう考えてもこの選挙は、まさに混乱と戸惑いに終始した情けない政戦でした。ある特定の人物の思惑が多くの「餌を求める雛鳥」をさらに困窮のどん底に落とし、多数の路頭に迷う飢えた雛鳥を生んでしまった・・・といっても過言ではありません。この雛鳥たちは、今後も果たして羽ばたいていけるのか?本人たちでさえも分からないのです。

インターネット政党「平成竜馬の会(以下・・・平成竜馬の会)」は、結成以来、基本的な理念は同一としながらも党員や議員が「自由にモノが言える政党・自分の意志と信念を貫き発言出来る政党」として、地方自治や国政にそれらの究極の意見を反映していくことを大きな目的として活動して来ました。

政治に志をもった以上、自分の考え方や意思、信念が自治や国政に反映され、「人様の役に立つ」といった基本的で当たり前の政治家の仕事を全う出来なければなりません。

当選のために信念を曲げる事があっては 政治家としての資格はありません。

平成竜馬の会では、このように当たり前の志をもった、政治家の方々に仲間になっていただきたいと考えています。

2017年  師走

代表 清水 三雄